Kleos_top  
 オウン・ガード(自己復号型暗号ファイル作成ソフト)の概要 xChart
 概要
  1. オウン・ガードの活用場面
    情報を外部に提供(持ち出し)する場合は、途中での紛失・盗難での情報流出を防止するために情報を
    暗号化しますが、先方に復号のためのアプリケーションソフトがなくても復号することが必要な場合に、
    オウン・ガードは役立ちます。
    最近は、官公署への資料提出の際に、アプリケーションの機能の一部としての読み取りパスワードの設定
    や、暗号自己復号型暗号ファイルでの提出を求めることが多くなってきています。

  2. オウン・ガードの暗号
    (1) 暗号仕様
      オウン・ガードは、電子政府推奨暗号リストに掲載されているAES暗号を使用しており、その詳細
     については、以下のとおりです。
  3. 区分 内容
    暗号種別 共通鍵暗号
    暗号分類 128ビットブロック暗号
    暗号名称 AES(Advanced Encryption Standard)
    暗号モード CBCモード(一部 ECBモード使用)
    鍵長 256ビット
    ハッシュ関数 SHA-256(一部 MD5使用)
    改ざん検査 CRC( Cyclic Redundancy Check)

    (2) 堅牢性について
      如何に強固な暗号を採用していても、暗号化ファイルの構造や、プログラムの暗号化アルゴリズム
     などが攻撃を容易にするものである場合は、安全な暗号ソフトとは言えません。
      オウン・ガードは、復号のためのパスワードを自己復号型暗号ファイル内に格納せず、ハッシュ値
     の合致でパスワードの合致を判断しています。そのため、第三者がメモリダンプでパスワードに合致
     するハッシュ値を取得しても、ハッシュ値から逆算して本来のパスワードを知ることはできません。
      本文の暗号は本来のパスワードから別途暗号鍵を生成しているため、暗号時に使用したパスワード
     を復号プログラムに渡さないと本文の復号ができない仕組みになっています。
      パスワードを知られない限り、オウン・ガードで作成した自己復号型暗号ファイルは第三者に復号
     されることはありません。

    (3) ご使用上の注意
      オウン・ガードは、情報の提出や持ち出しなどの「一時使用」にのみお使いください。
      「一時使用」とは、原本が他にある場合という意味で、一つしかないファイルをオウン・ガードで
     暗号化して保存するという用途にはお勧めしません。
      オウン・ガードには、オールマイティーなパスワードは存在しません。
      暗号の際に使用したパスワードを失念した場合は、当社に依頼されても復号はできません。

 特徴
  1. 高速な処理
     オウン・ガードは、AESで使用可能な3種の鍵長の中でもっとも長い256ビットを使用しています。
    速度を犠牲にしてもっとも強固な暗号鍵を使用していますが、次の試験結果のように非常に高速に
    自己復号型暗号ファイルを作成することができます。

    [試験データ]
      CSVファイル 100本 (3.06 ~ 3.4MB) 合計 323MB
    [試験環境]
      CPU : Intel®Core™ i3 3.07 GHz  OS : Windows 7(64bit)  Memory : 2GB
    [試験内容]
      試験データ100本を1つのフォルダの中に入れ、オウン・ガードにドラッグ&ドロップ
     して自己復号型暗号ファイルの作成処理をした。
    [処理時間]
                   (32bit版)            (64bit版)     [対32bit比]
      1回目            2分11秒             1分41秒      77.1%
      2回目            2分06秒             1分40秒      79.4%
      3回目            2分08秒             1分41秒      78.9%
      平 均            2分08秒             1分41秒      78.5%

  2. コンパクトなサイズ
     通常、ブロック暗号の場合、暗号化されたファイルのサイズは元のファイルよりも大きくなることは
    あっても、小さくなることはありません。
     オウン・ガードは、暗号前に圧縮処理を行うことにより、作成した自己復号型暗号ファイルのサイズ
    をコンパクトにして、持ち出し時の媒体の容量を圧迫しないように考慮しています。
     ファイルの圧縮・解凍をするフリーソフトを使って、前述の試験で使用したファイルをZIP圧縮した
    場合、104,311KBでしたが、オウン・ガードで同じファイルを自己復号型暗号ファイルにした場合は、
    104,407KBと、ほぼ同じファイルサイズでした。

  3. 簡単な操作
     オウン・ガードは、暗号の種類や、鍵長を選択するなどの難しい操作を一切なくし、暗号に慣れない
    人でも簡単に処理できるように、最小限必要な操作のみで自己復号型暗号ファイルが作成できるように
    設計しています。

Copyright Kleos G.K. All rights reserved.